時効の利益を受けないという意思表示のしかた

2014.9.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

時効は民法に関連した事柄です。

 

行政書士の試験では民法は重要視されています。

 

今回は時効の利益を受けないという意思表示の仕方について述べます。

 

時効の利益はあらかじめ放棄する事はできません。

 

しかし、時効の完成後には放棄する事ができます。

 

時効の利益が時効完成前に放棄できないのには理由があります。

 

時効は公の制度なので、債権者が債務者の弱い立場に乗じて消滅時効はないものとするなどの特約を強要する恐れがあるからです。

 

ただし、時効完成後はそのような弊害が無いので、時効の利益を放棄する事ができます。

 

これにより、時効の援用権は失われます。

 

時効の利益とはどのようなものでしょうか。

 

時効の利益とは時効によって権利を取得し、または義務を免れる利益を言います。

 

取得時効とは権利の取得が時効の利益であり、消滅時効とは義務の消滅が時効の利益です。

 

時効の効果とは時効の完成と時効の援用という2つの要件が備わると起算日に遡って権利の得喪が生じます。

 

東京都が運営する地下鉄に乗車すると法律事務所が発行した車内広告を目にします。

 

都営地下鉄の沿線には低廉な学費で学べる通信教育を実施している私立大学もあります。

 

低廉な学費で学べる通信教育を活用して民法を学ぶのも良いはずです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。