時効の援用とは何か?

2014.9.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

時効は民法に関連した事柄です。

 

これから時効の援用とは何かについて述べます。

 

時効は一定の事実状態が一定期間継続すると完成します。

 

しかし、時効の効果は時効が完成しただけでは発生しません。

 

時効の効果が発生するためには意思表示が必要です。

 

時効の利益を享受する旨の意思の表示の事を「時効の援用」と言います。

 

時効の効果は時効期間の経過により当然に生じるのではなく、時効の利益を受ける者が援用してはじめて生じるのです。

 

時効に関連した事柄でよく話題になるのが土地です。

 

とある場所にある土地をある時期から10年に渡って所有の意思を持ち平穏かつ公然と占有した場合には所有権の取得時効が成立します。

 

悪意また有過失の場合には20年という期間が取得時効には必要です。

 

ところで時効の制度は何故あるのでしょうか?

 

それは権利を行使せずに権利の上に眠る者は法により保護されないという考え方によるものです。

 

民法は勉強しておくと行政書士の資格取得に役立ちます。

 

行政書士試験の専門科目の試験科目は憲法や、民法、行政法、地方自治法、商法、会社法などです。

 

一般教養の知識も問われます。東京都が運営する地下鉄に乗ると法律事務所が発行する車内広告を見かけます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。