消滅時効の効力

2014.9.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消滅時効と特定の人に対して一定の行為を請求できる権利は民法ではよく話題になる事柄です。

 

消滅時効とは権利を有している者であっても、その権利を一定期間行使しなかった場合には占有権を失うというものです。

 

消滅時効は権利を行使できるようになった時から進行します。

 

つまり、権利を行使しようと思えばできたにも関わらず行使をしないで、それが一定の期間継続すると権利が消滅してしまうということです。

 

期限の定めのない債権の消滅時効は、原則として債権が成立した時から進行するが、期限の定めのない消費貸借契約に基づく返還請求権は契約成立から相当期間が経過した時から進行します。

 

消滅時効に関する事で注意したいのは、所有権は消滅時効にかからないということです。

 

所有権は物に対する最も基本的な支配権だからです。

 

従って所有する土地をどんなに長く放置していても、消滅時効によって所有権が消滅することはありません。

 

ただし、他の人の取得時効が完成した時には、その反射としてその土地の本来の所有者の所有権は消滅します。

 

民法は行政書士試験で得点源にしておくと良い事があります。

 

行政書士試験の専門科目の出題科目は憲法や民法、行政法、地方自治法、商法などです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。